くまの足跡

Travel Diary
Jun.10.2016

ユーロ2016 エンブレム大賞!(後編)

おっと、はやくしないと本大会がはじまってしまう!エンブレム大賞後半をお楽しみください。

 

《グループD》

groupd

ceska

(左の上からスペイン、クロアチア、トルコ。下がチェコ)
王者スペイン、これはいいですね。他国には見られない手描き風味が目を引きます。色彩もミロのよう。スペインの明るさ、個性が表現された素敵なエンブレムだと思います。クロアチアはレトロさが光りますが、独特の市松模様を活かし切れていなくて、ちょっともったいない。トルコは大人しすぎますね。一色だけで質素な印象です。チェコはいたって普通。スロバキアやポーランドも含め、東欧勢には迷いが見られますね。
1位スペイン、2位クロアチア、3位トルコ、4位チェコ。

 

《グループE》

groupe

(左からスウェーデン、イタリア、ベルギー、アイルランド)
え? イタリアはこれですか? 期待値が高かっただけに残念! 四角四面なフォルムはきっちり作り込もうという気持ちの表われかもしれませんが、それはこの国の持ち味じゃないでしょう。もっと自由に遊べばいいと思うんですけどね。アイルランドも期待外れ。伝統のグリーンとクローバーを押し出せばいいのに、周りに流されてモダンに走ってしまいました。スウェーデンはまずまず。オーソドックスなデザインですね。ベルギーもしっかりと自分を表現しています。王冠に植物、これはエンブレムの王道。気品の高さが感じられます。
1位ベルギー、2位スウェーデン、3位イタリア、4位アイルランド。

 

《グループF》

groupf

(左上から時計回りにオーストリア、アイスランド、ハンガリー、ポルトガル)
オーストリア、これはチーズのパッケージでしょうか。サッカー協会が適当なところで手を打ったのかなあ。初出場だけに温かく見守りたいアイスランドですが、こちらも褒められないですね。オーストリアがチーズなら、こちらは飲料水のパッケージ? 火山を使えばいいと思うんですけど。このふたつに比べると、ハンガリーとポルトガルは色合いが素晴らしいですね。十字が印象的なポルトガルを1位にしましょう。
1位ポルトガル、2位ハンガリー、3位アイスランド、4位オーストリア。

 

《結果発表!》

それではいよいよ最優秀エンブレムの発表です。2016年ユーロ出場国のエンブレム大賞に選ばれたのは……

スイスです!

swiss

《審査員講評》
これはもう文句なし。エンブレムを超越したエンブレムといっていいでしょう。斬新な作品を考案したデザイナーはもちろん、採用したサッカー協会担当者の英断も讃えたいと思います。スイスデザインといえば、ゴシック書体の基本ともいえる「ヘルベチカ」が有名。ヘルベチカはラテン語でスイスを意味し、実際にスイス人デザイナーによって考案されました。このエンブレムは、こうしたタイポグラフィを前面に押し出したスイスらしい作品ともいえるのです。伝統を生かしながらも、遊び心、冒険心を忘れない。これはサッカーにも通じる姿勢だと思います。

出場24カ国の関係者、ファンの方々の支援もあり、無事に前夜祭を終えることができました。それではみなさん、間もなく開幕するユーロ2016でお会いしましょう。

© 2018 FC ROJI. All rights reserved.