民族学博物館

Museum of Ethnology
Jun.07.2017

バス停になったレジェンド

Park Ji-Sung, South Korea 韓国サッカー界の英雄、パク・チソンのアカデミーに行ってみると、通りに面白いものが……。

パク・チソンのマスコット人形

U-20ワールドカップで韓国を放浪中、水原(スウォン)の宿の近くに朴智星(パク・チソン)のアカデミーがあることを知り、足を運ぶことに。

チソンといえば韓国はもちろん、アジア史上もっとも世界で活躍したサッカー選手でしょう。水原工業を卒業した真っ赤なほっぺの少年は、韓国代表をワールドカップ準決勝に導き、やがてはマンチェスター・ユナイテッドでヨーロッパ制覇……。映画のようなキャリアを歩みました。

「いまからパク・チソンのアカデミーに行くよ」というと、宿の一家は口々に「彼は韓国の英雄だ!」、「2002年を思い出すと鳥肌が立つ!」などテンションが上がり始め、2002年の思い出を口々に語り出しました。話が長くなりそうなので、「では、そろそろ」と宿を出て、アカデミーに向かうことに。

パク・チソン

施設前の大通りにも、彼の名前がつけられている。

パク・チソン

2002年ワールドカップでの雄姿。

パク・チソン

こちらは水原が誇る世界遺産「華城」とともに。

パク・チソン

これがアカデミー。人工芝のピッチが5面あり、施設内にはミュージアムも。

パク・チソン

マンUには7年間在籍し、実に4度のリーグ優勝に貢献。優勝パネルの下には、丁寧に整理されたスクラップブックが並ぶ。

パク・チソン

学生時代のユニフォーム、写真パネルも。「水原工業」の文字に親しみがわく。

パク・チソン

自慢のユニフォーム・コレクション。ファンデルサル、ギグス、ルーニー、テべス……。チソンがいたころのマンUは、憎らしいほど強かった。

パク・チソン

胸像を囲むように、現役時代のユニフォームやスパイクが並ぶ。奥左には京都時代のものが。チソン、松井、黒部の三銃士で天皇杯を制覇した。

世界初!?ゴール型バス停を発見!!

施設をひと通り見学して帰ろうとすると、通りの向こうにバス停が。暑いし、宿まで遠いからバスで帰ろうと思い近づいていくと、あれ? なんだか奇妙なバス停だぞ?

パク・チソン

地元の英雄チソンにちなんで、バス停がゴールの形でできていました。キーパーになった気分でバスを待とう。

パク・チソン

ゴール裏から見ると……。ゴール前は片道3車線の大通り。交通量も結構多いので、くれぐれもシュート練習はしないように。

2014年に現役を退いたチソンはいま、あの宮本恒靖さんも籍を置いたFIFAマスターコースでスポーツマネジメントを学んでいて、アカデミーの管理人によると「指導者になるより経営に興味があるみたい」とのこと。生きる伝説となったチソンは、まだ36歳。ピッチを所狭しと走り続け、「3つの肺を持つ男」と呼ばれた男は、どんな第2の人生を送るのでしょう。

 

 

 

 

 

 

© 2018 FC ROJI. All rights reserved.