路地を曲がればスタジアム

Stadiums

‟分断国家”の歴史的一戦

GSPスタジアム / GSP Stadium

Nicosia, Cyprus 地中海に浮かぶ小さな島国キプロス。この国のスタジアムには大音声の持ち主がたくさんいた。

キプロスUN監視塔

2012年、小国キプロスの王者アポエル・ニコシアがチャンピオンズリーグ準々決勝に進出。「白い巨人」レアル・マドリーとの大一番を観に行きました。

 

 

キプロス

CL準々決勝、アポエル対レアル戦のゴール裏の様子。チェスの王冠をレアルに見立てている。

キプロス

2万2千人を収容するスタンドは超満員に。ゴール裏が燃え上がる。

歴史的な快進撃を見せたアポエルとレアルの一戦は、「史上最大の格差対決」と呼ばれ、クリスティアーノ・ロナウドの週給がアポエル全選手の年俸に匹敵すると報じられていました。試合はアポエルが善戦したものの、0-3と完敗。2試合合計2-8で準々決勝敗退となりましたが、その健闘は世界中から讃えられました。

ちなみに後日、同じスタジアムに2部リーグの試合を観に行くと、閑古鳥が鳴いていました。観衆は500人ほど。それでも一人ひとりの声の大きさには圧倒されました。キプロス人は声が大きいのです。

キプロス

キプロス

キプロスという国は、ギリシャ系住民が暮らす南とトルコ系住民が暮らす北のふたつに分かれた「分断国家」。冒頭の写真のように、南北を隔てる緩衝地帯「グリーンライン」には、国連平和維持軍の監視塔が建っています。

キプロス

こちらは南の軍隊の詰め所。

キプロス

北の街並み。山にはトルコ国旗の色を反転させた北キプロス国旗が。

南と北とでは、民族、言葉、宗教、風習などがまったく違う。この不思議で複雑な島のことは、いつか「くまの足跡」に書こうと思います。

© 2018 FC ROJI. All rights reserved.