路地を曲がればスタジアム

Stadiums

99年目に夢かなう

エスタディオ・ナシオナル・デ・チリ / Estadio Nacional de Chile

Santiago de Chile, Chile 2015年、開催国チリがコパ・アメリカ悲願の初優勝。熱狂の舞台となったナショナル・スタジアムを紹介します。

サンティアゴ

「来年のコパ・アメリカは絶対に面白いものが見られるぞ。だまされたと思ってチリに行ってみなさい」

ブラジル・ワールドカップで出会ったチリ人の言葉を信じて、チリに行ってみました。

その言葉はうそではありませんでした。南米王者を決めるコパ・アメリカは激戦に次ぐ激戦、最後に開催国チリが大会創設99年目の初優勝を飾ったのです。国中が狂ったようなお祭り騒ぎとなりました。

そのチリが全6試合を戦ったのが、首都サンティアゴに建つエスタディオ・ナシオナル。1938年に産声を上げた伝統のスタジアムです。

サンティアゴ

スタジアムへの道中を盛り上げるストリートミュージシャン。

サンティアゴ

サンチェス、ビダルなど、代表選手のお面が売られていた。

サンティアゴ

代表チームはみんなの希望。目を輝かせてチリ代表のバスを待つ。

サンティアゴ

スタジアム外周。

サンティアゴ

背後に迫るアンデス山脈。夕暮れになると山肌がピンクに染まる。

サンティアゴ

6試合すべてソールドアウト。5万人が歌う国歌は鳥肌ものだ。

サンティアゴ

みんなが掲げている、このグリーンのカードはなんだ?

サンティアゴ

裏面には「相手の国歌を尊重しましょう」といったメッセージが。このカードのおかげで国歌斉唱中、ほとんどブーイングが聞こえませんでした。

サンティアゴ

アルゼンチンとの決勝はPK戦に。優勝が決まると下町のバルは天地がひっくり返ったような騒ぎに。この写真を撮った直後、オッチャンたちは私を担ぎ上げ、「ハポネース! グラシアース!」と絶叫していました。

 

© 2018 FC ROJI. All rights reserved.